MENU
私が学生の頃からずっと歌を聞いているアーティストの方がいらっしゃいます。その方の書く歌詞はなんとも暗いんです。その為にマイナーであり、また暗い部分に共感するファンがついてくるんですけど。
これおもしろい。花嫁のダイエット結婚式・ウエディング・ブライダル・花嫁準備|結婚総合サイト」という宗教私もその中の一人でした。後ろ向きな歌詞の中に生きるためへの希望をどうにか模索しているような感じが何だか自分とダブってしまったわけです。学生時代の私も色々と事情があり暗い部分が多かったんだと思います。そんなアーティストの方がここ最近、とても前向きな歌を歌われるようになりました。でも偽善的ではないというか、暗い部分を知っているからこそ説得力があるというか。今私は凄く幸せで、またまたダブってしまって何だか柄にも無く感動しちゃいました。