MENU
おれは6ヶ月前に単身赴任の形で勤務している。その時以来今までぼくが習慣にしている倹約術は何種類かあります。私のケースは、就職難の頃に仕事を探したので、何社訪問しても内定には至らない期間で、その翌年からの資金の悩みで心がいっぱいでした。貯金もほどほどに持っていますが、大学へ行く予定を予定があるので切り崩すことが出来ません。なんとか銀行の制度を使い資金を用立てましたが最低でも300万円自力で稼がなければいけません。

これしかしないのにだいたい3000円です。3000円にゲーム店ならぼくは5分しか持ちません。賭け事でも最低5分は楽しめるというのに・・・。すでに買うのはやめてお金を払わずに最初から最後まで読めるシステムを目いっぱい使っています。主食用のお米は実家に送ってもらって普通に毎日焚き必要に応じて冷凍し、その都度食べています。このお金に彼の収入をいっしょにすると216700円だ。この余剰資金が2月から9月まで貯まると単純計算すると、余剰資金216700円が8ヶ月間続くので1733600円は残る。

その後、10月から12月までで、彼の10万円が上乗せされ、私の109700円、2万円も上乗せされ私の内職代3万、7000円の給付金まで合算して266700円だけど、それが3か月分として800100円に達する。当方は賭けに趣味だという人とかなりたくさんいるので、貸付の怖さを身に沁みて知っています。給料よりも、好きな事を発見してその関連の活躍できる業務に行い、役にたつ生活を過ごしたいと。
債務整理のデメリットなどの孤独思わず認めた。自己破産したら?