MENU
素晴らしい後味で、他の味付けしなくても食べれます。自分の中では年に一回の割合でピークの頃には現地まで訪れます。茹でた後に紅色になったカニ足、それを取り外し、中身を取って口に入れていくのが幸せすぎました。おめでたい元日におじいちゃんの家に年に数回程度しか顔を合わせないおじさん、おばさん達と和気あいあいとカニ鍋を楽しんだ思い出があります。そして、割るためのカット部分を付けるときに案外楽に出来て、簡単な感じがしました。

しかも、卵黄部分の鮮やかな黄色とチーズの色味、口に入れた時の味が重ねて良質さを際立たせていて大層おいしく堪能できました。とてもうまいカニを食べたくてズワイガニを、我が家でいただく事にしたのです。巨大なズワイガニを生のまま手に入れました。ですから、通販のかにを入手するならば、出来れば食べたい当日に解凍が可能なように配送してもらうんです。時期が上がっている時なんかは、カニは傷みやすいから遠ざけますね。ただ、もうちょっとで寒くなると、カニがおいしい味に感じます。

その後カニの持っているハサミをカットしてカニの肉をほじくりました。
人間はズワイガニの冷凍を扱うには早すぎたんだカニの脚のハサミを色の白い部分から切りますと思ったよりも手軽に出来ました。私の父親はしょっちゅう時折釣りなどに出かける事があるよく野外活動をしていますが、ある機会に、仲間たちを引き連れ冬期間の淡路島方面の釣り船に乗って釣りを堪能してきた様子で、数匹のワタリガニを捕獲してきたようです。ベニズワイガニがそのまま上に1匹も乗ってる、カニラーメンを売ってる料理店をあるんですが、訳ありという形で売られてるカニはこういった感じで食べる事が大丈夫ですよね。冷凍品とは違い、水揚げしたものをすかさず作ったかのような味覚でした。または獲れた場所が北海道であったからおいしいと感じたのかもしれませんね。