MENU
登録情報が失効していると新規住宅ローンの組むことが可能です。破綻をしてしまうとほぼ全額の借りたお金が帳消しになるのと同時に信頼を失うのです。だから、新規カードを作る為には情報記録が排除される5年から10年という期間控えるしか方法がありません。だからAバンクよりこの当事者は自己破産したとの情報を受けて信用情報機構に掲載しまうのです。

全国銀行個人信用情報センターというところは預金金融機関・信金や全国信用組合・農協系などの調査情報機関です。詳細が残っている年月は5~10年程度です。だから、戸建や車を欲しくても新規ローンをはじめることはできません。その上、クレカを所持することも出来ません。だけども、これはあくまで目安期間となります。パターンによっては10年過ぎても新たなローンを組むことが難しいときもあります。
格差社会を生き延びるための自己破産

日本信用情報機関という場所は消費者金融系列の審査機関です。記録が残されている年月は5年前後です。審査機関の情報にキズが残ってしまい数年間はさらなる借金やクレジットカードの所持ができなくなります。どういう理由で住宅関連ローンが利用できないのかというと、新規住宅ローンを組む場合には、各種金融機関とはほかに保証会社と委託契約を締結します。